オイル?クリーム?メイク落としはどのタイプを使うべき?

f:id:hitokoburakuda2012:20151105135623j:plain

クレンジングは、オイルやクリームタイプなど、さまざまなタイプがありますが、どんなタイプを使えばいいかって、意外と悩みますよね。

今回は、メイクに合わせたクレンジング選びを紹介します。

クレンジングのタイプは、種類によって洗浄力の強さが異なります。洗浄力が弱い順から並べると、次のようになります。

1.ミルク

2.クリーム

3.ジェル

4.リキッド

5.オイル

6.クレンジング用コットンシート

7.ポイントメイク専用クレンジング

洗浄力の強さは、肌への負担・ダメージの与えやすさと比例していて、洗浄力が弱ければ弱いほど、肌への負担は少なくて済みます。

オイルやリキッドは、ウォータープルーフのファンデーションや日焼けどめ、リキッドファンデーションのような落としにくい強いメイクを落とすのに向いています。

ジェルやクリームは、ウォータープルーフなどよりかはやや優しい、リキッドファンデーションやパウダーファンデーションを落とすのに向いています。

一番洗浄力の優しいミルクタイプは、基本のパウダーファンデーションや、フェイスパウダー、ウォータープルーフでない日焼け止めなど、強めの石鹸でも落ちるような薄化粧を落とすのに向いています。

もちろん、オイルやクリームを使っても、薄いメイクを落とす事はできますが、メイク落としはメイクの濃さに合わせたクレンジングを使うことで、肌への負担を抑える事が基本なので、薄いメイクにはできるだけ、洗浄力の低いミルクを使うようにします。

クレンジング用コットンシートは、実は洗浄力が強すぎる上、コットンシートという性質上、どうしても落とす時に肌を多少なりともこすってしまいます。このため、緊急性の高い時以外は、使用しない方が良いでしょう。

どうしても使用したい時には、肌に負担の少ないタイプを選ぶと良いですね。

ポイントメイク専用クレンジングは、リップ専用のものや、アイメイク専用のもの、リップ・アイメイク共用の物があるので、きちんと調べて購入できると良いですね。

リップはベースメイクよりも落としにくいので、通常はポイントメイク専用クレンジングが必要になるでしょう。

アイメイク、ベースメイクは、人によって濃さが違うので、メイクの濃さによって、クレンジング選びをします。

例えば、ベースメイクはウォータープルーフのファンデーション使用、アイメイクも濃いという場合には、オイルかクリームのクレンジングと、ポイントメイク専用クレンジングを併用する必要があります。

ベースメイクは薄いけど、アイメイクは濃いという人は、ミルクとポイントメイク専用クレンジングを使うと良いでしょう。

ベースメイクも、アイメイクもリップも薄い、という人はポイントメイク専用クレンジングは使用せず、ミルククレンジングだけで充分です。

このように、ベースメイクとポイントメイクの濃さで、クレンジングの濃さを選んで使いましょう。日によって、メイクの濃さが違うという人は、面倒かもしれませんが、数種類のクレンジングを用意してください。

肌に過剰な負担を与えないためにも、クレンジングは強すぎず、メイクを落としきれる程度のクレンジングを使ってみてくださいね。