【大人ニキビの原因3】食べ物・睡眠・ストレスの生活習慣

f:id:hitokoburakuda2012:20151105140031j:plain

大人ニキビの原因、第三弾です。

大人ニキビの最大とも言うべき原因が、生活習慣です。生活習慣によって、ホルモンバランスも変わってきますし、肌の分泌物も変化してきます。

では、原因となる生活習慣をチェックしていきましょう。

【食べ物の影響】
油脂と糖質を多く含んだ食品は、皮脂を過剰分泌させる原因になります。特に糖質も油脂も多く含んだチョコレートのような洋菓子は、皮脂を増やしてしまいます。

ジャンクフードや揚げ物なども、油分が多い食べ物なので、皮脂を多くしてしまいます。

食事に油脂や糖分が多いという人は、あまり油を使わない煮物などの和食を食べるようにすると良いでしょう。

【睡眠時間の影響】
睡眠時間が短いと、休息が足りず体を充分に整えることができません。また、ホルモンバランスが整わず、皮脂の過剰分泌を招くこともあります。

人間の体は、22時から深夜2時の間の睡眠で体全体を整えていますが、肌も例外ではなく、その時間帯に寝ないと、体は充分に肌を整えることができません。

ダメージの溜まった肌は、角質層の弱体化を招き、剥がれやすくなった角質は角栓のもとになったり、毛穴を支えられず、毛穴が開きっぱなしになる状態を招きます。

こうした環境下では、角栓や皮脂の多さで、あっという間にニキビの原因になってしまうという訳です。

肌に良い環境を整えるには、22時~2時の間で少なくとも2時間以上寝ることと、連続して6時間は寝ることが望ましいです。

8時間寝ていても、22時~2時の間に寝れていないと、肌が整わず、ニキビができやすくなったりします。

【ストレスの影響】
ストレスを溜めると、ホルモンバランスが乱れて、皮脂の過剰分泌や、肌の調整機能が低下したりします。

ストレスは心的なものだけでなく、身体的なものも含まれます。ストレスの種類には、身体的なストレスだけでも、純粋な疲れ、睡眠不足、暑さ寒さ、不規則な生活、タバコ、病気、運動不足などなど、本当に様々な物があります。

ストレスに心当たりがある場合には、適度にストレス発散をして、心に澱が溜まらないようにしましょう。

【汚れがつきやすい生活の影響】
メイク用品が汚れていることも含まれますが、日常生活の中には汚れが付着したものが、たくさんあふれています。

例えば、スマホや携帯は、日常的にベタベタを触り、電話をする時には頬やフェイスラインに押し当てられています。スマホなどはあまり消毒する習慣はありませんから、雑菌を顔に押し当てていることになります。

しかも電話した後、スマホや携帯についた皮脂を元に更に雑菌が繁殖したものを、次の電話の時には押し付けることになります。

お風呂の湯船も、雑菌がたくさんあります。湯船では顔を流しがちですが、雑菌の付着に繋がってしまいます。

夜寝る布団のシーツ、枕カバーはとても危険です。寝返りの度に肌をこすりつけて、雑菌の温床になっています。できれば毎日取り替えて、顔が当たる場所は清潔にしておきたいです。


このように、食べ物、睡眠時間、ストレス、日常にあふれる雑菌の放置などの生活習慣によって、大人ニキビは引き起こされます。原因は一つだけではないので、トータルで取り組んでいきたいですね。