ほっぺたのプツプツ毛穴…加齢が最大の敵!?

f:id:hitokoburakuda2012:20151119115927j:plain

小鼻のプツプツとした毛穴は気になりますが、年を重ねて気づいてみれば頬の毛穴も開いていた…。なんて人、いませんか?

ほっぺたの毛穴の開きは、加齢が一番の敵だなんていいますが、それじゃあ対策のしようがないのかと言えば、そうでもありません。ではなぜ、加齢が一番の敵だと言われるのか、対策はどうすればいいのかについて、今回はまとめてみます。

毛穴が開いてしまう原因の多くは、乾燥です。

年を重ねてくると、表皮の潤いも減ってきて乾燥しがちになる上、真皮のコラーゲンの産出も低下してくるため、肌の弾力が失われやすくなります。

乾燥して弾力の失われた肌は、重力に負けて下に引っ張られます。すると毛穴もつられて引っ張られて、下方向に毛穴を開いて固定されてしまいます。

このように乾燥が引き金となり、たるみが直接の原因で頬の毛穴は開くことが多いです。

肌のたるみ自体が加齢によって引き起こされる事が多いので、たるみによって起きる頬の毛穴の開きの原因は、加齢だなんて言われてしまうんですね。

では年齢を重ねた方がたるみを解消して、毛穴を閉じることができないのかと言えばそうでもありません。要は、たるみを解消してやれば、肌はふっくらとして毛穴が閉じやすくなります。

たるみが起こる最大の原因は加齢ですが、それはコラーゲンの産出や、角質層のセラミドの産出などが低下して、肌が乾燥して、弾力を失うからです。

でも、産出が少なくなったのであれば、補ってやればいいだけの話なんです。

セラミドもコラーゲンも、現在は優秀な化粧品が増えて、浸透力の高いセラミド・コラーゲン配合の基礎化粧品はたくさんあります。

基礎化粧品でのケアで、ハリと弾力を回復することは可能です。しかも現在は、セラミドやコラーゲンを補うだけでなく、肌に浸透した後に、コラーゲンやセラミドの産出を支援して、産出量を増やしてくれる化粧品も存在します。

化粧品でのケアは、少し高額になってしまいますが、他の面から肌を再生するケアを行なうこともできます。

年齢によってどうしても、ターンオーバーはゆっくりになり、肌を整える力は弱ってしまいますが、食事によってターンオーバーを支援することも可能です。

ビタミンA、B、C、Eのビタミン類と亜鉛は、ターンオーバーを促進する作用があります。また、タンパク質は皮膚細胞の大事な栄養素ですから、ビミタン・ミネラル・タンパク質をバランス良く摂ることで肌の再生を支援することができます。

このように、加齢によるたるみが原因の毛穴の開きでも、コラーゲンやセラミドの補充、食事からのターンオーバーの支援によって、たるみを軽減・解消して毛穴を目立たなくさせることは可能です。

もちろん、このたるみによる毛穴の開きは、乾燥による弾力不足が原因なので、年齢を重ねていない若い方でも充分なりえます。

その時には、コラーゲンとセラミドの補充、ビタミン・ミネラル・タンパク質の補充という形で年齢を重ねた時の対処と同じ方法で、毛穴を閉じる肌の支援をしてやりましょう。