洗い過ぎはトラブルの元!メイクなしの時は水洗顔で充分?

f:id:hitokoburakuda2012:20151119122929j:plain

皮脂がたくさん出るからと、洗顔料を使った洗顔を1日に何度もやっていませんか?場合によっては、肌に負担がかかるので良くありません。

今回は洗顔と肌トラブルについてまとめてみます。


洗顔の意味は、メイクを落としたり、日中にかいた汗、付着した汚れを落とす意味があります。

その意味で、朝からきっちりつけていたメイク、そしてその上にかいた汗や酸化した古い皮脂を、夜に落とすのはとても大事なことです。

もしもこのメイク汚れなどを落とさずに残しておけば、肌に刺激物が乗っかったままなので、肌は荒れてしまいます。だからこそ、クレンジングを使ってしっかりと落としていきます。

しかし、問題なのはその翌日です。多くの方は、夜メイクを落とした後、お風呂に入ったりして、その後に基礎化粧品でのケアをして寝ると思います。

でも、メイクをして寝る人は少ないですよね。

そして起きたら、基礎化粧品を付け直すために、洗顔をすると思います。

翌朝の時点で、顔についているのは基礎化粧品と、寝ている間にかいた汗や、皮脂汚れ程度です。

それなのに、洗顔料を使っている人、いませんか?

基礎化粧品と、汗程度なら、夜から朝までの間は日中に比べ短時間ですし、汚れもとても少なく、洗顔料を使うまでもなく、水やぬるま湯で充分に落ちる程度の汚れです。

顔についているのは基礎化粧品だけなのに、洗浄力の高い洗顔料を使って洗顔してしまうと、基礎化粧品以外にも皮脂を落としてしまう可能性が高いのです。

そうすると、皮脂がなくなったら肌は皮脂を追加で分泌する必要があるので、皮脂過剰になりますし、皮脂が分泌されるまでの間は、肌が乾燥し放題です。

もちろん、乾燥しきる前に基礎化粧品で保湿してやるのですが、メイクのような強い汚れがないのに、洗顔料を使えば、皮脂だけでなく、角質層の潤いをも落としてしまう場合だってあります。

水洗顔なら落とさないで済む潤いを、洗顔料で落としてしまうために、朝の基礎化粧品でのケアは、乾燥状態からスタートする訳です。これは肌にとって、よくないですよね。

ただし、夜つけている基礎化粧品が油分が多すぎて、水洗顔だけで落としきれないようなものであれば、洗顔料を使うのはOKです。むしろ使わないと朝つける基礎化粧品が、うまく肌に浸透していかない可能性があります。

洗顔の時に重要なのは、あくまで顔についているものが落としきれるだけの洗浄力で洗顔をするということです。

水で落ちる汚れなら水洗顔だけ、洗顔料を使わないと汚れが落ちないなら洗顔料を使う、という風に分けてください。

ちなみに日中何度も洗顔する人で、皮脂が多く出すぎたと感じた時に洗顔をする方もいますが、実はそれは危険です。皮脂は体のバリア機能なので、肌が乾燥しているからこそ、皮脂が多く出ている可能性が高いのです。

皮脂は基本的には脂を摂り過ぎた時以外は、肌の保護のために出てきているものなので、脂ぎっている度に拭き取ったり洗顔したりすると、バリア機能を損なわせることになり、肌に余計なダメージを与えて肌トラブルを進行させてしまいますよ。

そういった事情がない場合でも、日中何度も洗顔するのは、肌が塗れて乾くのを繰り返すため、乾燥肌を招きやすく、肌荒れに原因になります。

洗顔は1日2回を基本として、メイクなどの強い汚れがないかぎりは水洗顔程度なので、汚れに見合った洗顔方法で顔の脂を落とし過ぎないよう、肌トラブルを回避してくださいね。