クリームって必要?化粧水だけはだめ?オールインワンジェルは?

f:id:hitokoburakuda2012:20151119123358j:plain

毎日、洗顔の後には化粧水、美容液、乳液、クリーム…と順番につけていると、時間もかかるしお金もかかるし、何より面倒くさい!

乾燥対策なら化粧水だけじゃだめ?とか、思ったことありませんか?なぜ化粧水だけではだめなのか、省略するならどこなのか、オールインワンジェルは使えるのかなど、フェイスケアの手抜きについてまとめてみます。

基礎化粧品の基本の機能をおさらいします。

化粧水…肌に水分を与える。

美容液…スペシャルケア。美白・毛穴引き締め・ハリ・弾力UPなど

乳液…肌にフタをする。油分より水分が多め

クリーム…肌にフタをする。水分より油分が多め

オールインワンジェル…化粧水・美容液・乳液・クリームなどの基礎化粧品全ての機能を備える

見ていただくと判るように、普通の化粧水と美容液には、フタをする機能がありません。

お風呂の中ではモチモチになっていた肌は、お風呂を上がった後から、急激に乾いていきます。洗顔後も、洗っている時は水やぬるま湯で顔はしっとりしていますが、洗い終わった直後から乾燥していきます。

油分に守られていない水分は、肌に浸透していっても皮脂では守りきれず、蒸発していってしまうんですね。

例えば本を濡らして乾かすと、濡らす前よりもパリパリに乾燥しますが、顔の肌でも同じ事が起きてしまいます。つまり、お風呂や洗顔でしっとりしても、水分をそこにとどめておかなければ、洗顔前やお風呂前よりも乾燥してしまいます。

化粧水も同じです。化粧水には、肌に浸透して水分を与えますが、肌の中にとどまっておく機能はありません。

このため、化粧水や美容液を塗っただけでは、蒸発していってしまい、かえって肌を乾燥させてしまうのでよくありません。化粧水を使う時は、必ず乳液かクリームのフタ機能の基礎化粧品が必要になります。

この点で言えば、オールインワンジェルは、水分を与え、フタの機能が備わっているので、単品で使っても差し支えないと思います。ただし、フタ機能である油分が邪魔をして、なかなか肌に浸透しないタイプも多いので、乾燥肌に使う場合には、肌の浸透力が高い物を使う必要があります。

では、フタ機能の乳液、クリームは単品で使えるでしょうか。

乳液は水分が多めなので、クリームに比べるとやや蒸発しやすいですが、フタとしての機能はきちんとあるので、フタとしては問題ありません。クリームに至っては、完璧なフタなので、水分の蒸発の心配はありません。

ただ、肌に潤いを与えるという機能面では、クリームと乳液は役不足の場合があります。なぜなら通常、基礎化粧品は化粧水にその潤いを与える役割を任せているからです。

でも考えてもみてください。洗顔後は、洗顔した水やぬるま湯で、顔はしっとりと潤いを持っています。

乾燥肌でなければ、洗顔で得られた潤いを閉じ込めるだけでも充分ですから、クリームや乳液を単品で使うのは問題なさそうです。

更に、角質層の保湿成分であるセラミドなどを配合したクリームや乳液を使えば、クリームや乳液だけでも潤いを与える役目もしっかりと果たしてくれます。

基礎化粧品はシリーズごとに出ているものを全て使うのが、基本的には肌にとって一番良いのですが、基礎化粧品の手抜きをしたい場合には、化粧水+クリーム・乳液か、オールインワンジェル単品、乳液・クリームの単品で使うのが良さそうです。