悩ましい「敏感肌」その原因は乾燥以外にもあった!

f:id:hitokoburakuda2012:20151119123841j:plain

新しい化粧品を使えば肌が赤くなる、基礎化粧品を変えればブツブツが、はたまた新しい服が擦れて肌がピリピリ…なんて、敏感すぎる肌の悩みを抱える方も多いでしょう。

敏感肌って、何で起きるんでしょうか。自分の肌質だからと最初から諦めないで、原因と改善方法を探ってみましょう!

実は敏感肌というのは、医学用語でもなんでもないので、定義がありません。検査をしても、明確な基準がないというのが現代の限界のようです。

ただ、なぜこのような敏感肌の状態になるのかの原因は、だいたい分かっています。その原因と対策を、見ていきますね。

《乾燥による敏感肌》
乾燥肌になると角質が剥がれやすく、剥がれた角質が刺激になります。角質層に潤いがなく乾燥しているとバリア機能が低下するので、少しの刺激でも強く反応が出ることがあります。

敏感肌の多くは、乾燥が一番の原因の事が多いようです。

改善方法は、保湿をすること、そして乾燥によって傷んだ肌をターンオーバーによって整えることです。


《加齢による敏感肌》
残念ながら加齢でも、敏感肌の原因になりえます。老化により、肌のハリや弾力がなくなることによって、バリア機能が低下してしまいます。また、メラニン色素も減ってくるので、紫外線からの保護機能も低くなり、肌がよりダメージを受けやすい状態になってしまいます。

根本改善は難しいですが、コラーゲンの補給や、キメを整えること、紫外線対策を行なう事で多少の改善が図れます。


《スキンケアが合わないことによる敏感肌》
刺激の強すぎる化粧品や、洗顔料、クレンジングを使い続けることによって、肌にダメージを与えた結果、角質層がボロボロになってしまったというパターンです。顔のゴシゴシ洗いも、影響を与えます。

乾燥肌と同様、角質層に傷がついているので、バリア機能に乏しく、少しの刺激でダメージを受けてしまう状態です。

改善方法は、刺激の少ない基礎化粧品を使い、ターンオーバーを繰り返して、角質層を整えていくことです。


《乱れた生活習慣による敏感肌》
睡眠不足の次の日は、肌がガサガサ、なんて経験がある方も居るでしょう。睡眠は肌を整えるとても重要な要素なので、睡眠不足は肌荒れに繋がり、荒れた肌は敏感肌の元になります。

また、便秘は腸内に悪玉菌を増やし、肌荒れの原因になります。食物繊維を摂ることももちろん、運動不足も便秘の原因になるので注意が必要です。

バランスの悪い食生活は、肌を整える作用のあるビタミン類の不足も招き、ひいては肌荒れ、敏感肌に繋がります。

改善方法は、規則正しい生活や食生活、適度な運動をすることです。睡眠や便秘を解消するだけで治る人も多いようですよ。


《アレルギーによる敏感肌》
厳密には敏感肌とは違いますが、アレルギーが原因で敏感肌の症状が出ることもあります。食物アレルギーだけでなく、花粉症でも敏感肌が出ることがあります。

アレルギーによって、体にダメージを蓄積している状態では、肌も弱っているため、様々な刺激に反応しやすくなっている状態です。

アレルギーによる敏感肌は、なかなか改善が難しいものです。食物アレルギーであれば、その食物を使っていない化粧品を使ったり、軽いアレルギーでもできるだけアレルギー物質を摂取しないようにして体にダメージを蓄積しない事が大事です。


いかがでしょうか。敏感肌を改善するには、一つ一つ、原因を潰していくほかありませんが、大本は「肌のバリア機能を強くする」ことが一番です。バリア機能を高めて、敏感肌を改善できるといいですね。