何ならつけても大丈夫?角質培養時の化粧品は何を使う?

f:id:hitokoburakuda2012:20151119124717j:plain

角質培養のときは、とにかく肌に負担を少なく!…とは言うものの、化粧だってしないといけないし、保湿してやらなきゃ角質培養はいつまでもうまくいかない場合も。

じゃあ、どんな化粧品や基礎化粧品を使えばいいの?ということで、角質培養の時のケアと、使える化粧品のタイプを紹介します。

角質培養の時に重要なのは、肌を構いすぎないこと、摩擦しないこと、刺激になるものはつけないことです。

この3つを考えると、化粧水~クリームまでの流れの通常のスキンケアはあまりよろしくありません。つけるものが多ければ多いほど、基礎化粧品による添加物が肌につく訳ですし、肌に塗りこむ際の摩擦の刺激を与えることになります。

しかし、洗顔しただけでは肌にとても大事な潤いが逃げてしまいかねないので、保湿がとても重要になります。

そこで乾燥を避け、保湿を行なうために、基礎化粧品はクリームを使用すると良いでしょう。

元々乾燥肌でない人は、要は水分が逃げていくのを防げばいいので、肌に優しいホホバオイルを使うのも手です。

乾燥肌の人にお勧めなのが、セラミド配合のクリームです。単純に潤いを閉じ込めるだけでなく、セラミドで角質層に浸透して潤いを与えることもできるので、保湿しながら、乾燥肌対策ができます。

角質培養が進み、乾燥肌が改善してきたら、ホホバオイルに切り替えてもいいですね。

次に化粧品です。

メイク用品は顔につけると、クレンジングを使わざるを得ません。しかし、角質培養と刺激の強いクレンジングは相性がよろしくありません。

ではどうすればいいかと言えば、クレンジングを使わなくてもぬるま湯だけで落とせる化粧品を使えばいいのです。

それが、合成ポリマーの配合されていない化粧品です。

合成ポリマーは、多くの化粧品に配合されていて、肌に吸着して毛穴に詰まったり、クレンジングを使わないと落ちなかったりする成分です。

このような軽く聞いただけで肌に悪そうな合成ポリマーが入っていない化粧品の代表格が、ミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションは元々、肌に刺激がある成分を消去していって残った成分である、ミネラルを使って作られた粉状のファンデーションです。

粉状なので、毛穴にも入り込みにくく、角栓の元になりにくいです。また、パフを使わずにハケで肌に乗せていくので、摩擦による刺激も少なめになります。

合成ポリマーを配合していない化粧品は、ミネラルファンデーションだけでなく、探せばチークやアイシャドウなどもあります。

あまり重ねづけをすれば、やはり摩擦の刺激なども強くなるので薄化粧が基本にはなってしまいますが、合成ポリマーなしの化粧品を使えば、角質培養中でもクレンジングを使わないメイクができるのです。

角質培養の初期は、肌トラブルも多く、たくさんの基礎化粧品や角栓対策のパック、オイルクレンジングなどをやりたくなってしまうものですが、ぐっと我慢が必要です。

基本放置で何もできないのがもどかしいですが、基礎化粧品は保湿のできるクリームだけ、メイクなら合成ポリマーなしのクレンジング不要のメイク用品が使えるので、気長に取り組んでみてくださいね。