PAとSPF?日焼け止めの選び方を教えて!

f:id:hitokoburakuda2012:20151119125053j:plain

日焼けをしたくない!じゃあ日焼け止めを塗ろう!という訳なんですが、意外と知らない人が多い日焼け止めの選び方。PASPFって一体なに?って方もいらっしゃるでしょう。

今回は、PASPFの違いや、どんなシーンにどんな日焼け止めが必要か、解説します。

まず、PASPFの違いから確認しましょう。

PAの特徴》
主にシワ・たるみ・シミの原因になる紫外線A波から守るためのもの。

指標…PA+~PA++++の4段階。+が多ければ保護レベルが高い

SPFの特徴》
主に日焼け(炎症)を起こしメラニンを作る紫外線B波から守るためのもの。

指標…SPF10~SPF50 数字が大きいほど影響を受ける時間を遅らせられる(SPF10なら、日焼け止めをつけていない時の10倍の時間、日焼けを遅らせられる)

一口に紫外線と言っても、A波とB波があるので、それらを個別に防ぐ訳ですね。

紫外線A波は、紫外線の9割を占めている上、夏にやや多いものの、季節を問わず多いので、紫外線対策が年中必要になることに注意しましょう。

また、紫外線A波はは窓ガラスや薄い雲、水の中も突き抜けてきますし、部屋の中でも外には劣るものの、鏡や床の照り返しでも肌に浴びる点にも注意が必要です。

これに対し紫外線B波は、A波に比べると全体の1割と少なめで、3月~9月以外の秋冬は比較的少ないのですが、B波は少なくてもエネルギーが強く、短時間の照射でも日焼けになるため、できれば年中、特に夏のケアが重要になります。

PAはA波からシミを作るのを保護するものですが、SPFは日焼けを起こすまでの時間を延長するだけのものです。

例えば、普段何もつけずに日に当たると15分で日焼けする人が、SPF20の日焼け止めをつけると、日焼けするまでに15分×20で300分まで時間を伸ばせるというものです。

つまり、日焼け止めは時間を伸ばすだけなので、日焼け止めをしていても紫外線対策は必要ですし、日焼け止めの塗り直しが必要になることに注意が必要です。

では、具体的にどんなシーンでどの程度の保護度の日焼け止めを使えばいいでしょうか。次を参考にしてみてください。

《日焼け止めの選び方基準》

日常生活(外出は通勤、買い物、散歩程度)…SPF20、PA++程度

外出が多めの人(外でのスポーツ、外回りなど)…SPF30、PA++程度

長時間の外作業(海、山などのレジャー、長時間の観光など)…SPF50、PA+++程度

前述のとおり、日常生活でも年中塗っておいた方が、紫外線対策としては無難です。

また、海は日焼けするイメージが強いですが、涼しい山も、もちろん日焼けします。むしろ標高が高く若干太陽に近い分だけ、紫外線は平地よりも強くなりますから、海に行くときよりも紫外線対策は重要です。

雪山に関しては、降ってくる紫外線もさながら、雪での照り返しについても、通常降ってくる紫外線の8割ほど照り返しが来るので、ダブルで注意が必要になります。

常にSPF50、PAは++++をつけておけば安心!という人もいますが、日焼け止めは基本的に肌に刺激のあるものなので、保護レベルが上がれば上がるほど、肌への刺激も強くなります。

このため、日常生活なら日常生活レベルの日焼け止め、外レジャーなら外レジャーに合わせた日焼け止めと、シーン毎に合わせた日焼け止めの使用が必要になります。

用途に合わせて日焼け止めを用意するのは面倒ですが、肌を守るためなので、日焼け止めは正しく選んで使ってくださいね。