オールインワンジェルは乾燥肌改善の敵?その理由とは

f:id:hitokoburakuda2012:20151119125733j:plain

洗顔の後には、化粧水、美容液、乳液、クリーム…。なんて、順番守ってイチイチつけていられない!そんな人のために生まれたのが、オールインワンジェル。

化粧水も美容液も、なんだって1個の中に中に入っているから、基礎化粧品でのお手入れの時間もぐっと短縮されて、面倒くさがりにはうってつけの基礎化粧品ですよね。

でも実は、オールインワンジェルは乾燥肌の方には、あまり向いていない商品が多いって、知ってました?その理由と、オールインワンジェルの使い方をチェックしましょう。

オールインワンジェルは、その名の通り、化粧水、美容液、乳液、クリームが全て配合された基礎化粧品です。

ここで、それぞれの基礎化粧品の役割をおさらいします。

化粧水…保湿。肌への浸透力が高い。

美容液…美白、ひきしめ、リフトアップなど諸々の追加効果

乳液…肌のフタ作用。油分より水分が多め。肌に浸透しにくい。

クリーム…肌のフタ作用。水分より油分が多め。肌に浸透しにくい。

化粧水、美容液は角質層へ浸透していき保湿を行い、乳液やクリームはその角質層の上で、油膜を張って水分を閉じ込めるフタの役割を担います。

水として肌に浸透していくものと、油として浸透せずに油膜を張るもの。それぞれ役割が別れていて、浸透力は真逆ですね。

そして、次にオールインワンジェルに立ち戻ってみると、オールインワンジェルは、浸透力の高い化粧水と、浸透しにくい乳液やクリームをいっしょくたにしてしまっています。

フタ成分の油分は肌に浸透しにくいのに、化粧水成分が入っていても、浸透しづらくなってしまいます。

実際に、オールインワンジェルと通常の化粧水を、皮革に浸透させるテストを行ったところ、オールインワンジェルの方が浸透力が低かったという結果もあるようです。

ジェルを塗って表面がモチモチしても、内部が乾燥してしまっている、という残念な状態になりかねませんね。

このため、乾燥肌にとっては浸透力の低い傾向のあるオールインワンジェルはあまり向いていないのです。

ただし、全てのオールインワンジェルが乾燥肌に悪!という訳ではありません。

オールインワンジェルの中には、肌への浸透力や保湿力を第一に考えて作られたものもあります。あれもこれも配合!という安価で欲張りタイプは結局のところ、効果もそれなりの場合がありますが、きちんと目的を絞ったタイプを選べば安心です。

また、浸透力のあまり高くないタイプでも、少し面倒かもしれませんが、保湿化粧水と併用して、洗顔後に化粧水を使用した後にオールインワンジェルを使えば、乾燥肌でも安心です。

オールインワンジェルの中でも、クリームタイプではなくリキッドタイプの場合だと、蒸発しやすく、フタ機能が弱いものもあります。せっかく保湿できても、蒸発しては意味がないので、リキッドタイプを使う場合には、クリームとの併用が必要ですね。

オールインワンジェルは、必ずしも悪いものではなく、製品ごとのメリット・デメリットを知ってきちんと使えばとても便利なものです。

リキッドタイプならクリームと併用、浸透力が弱ければ化粧水と併用、できるだけ保湿力・浸透力が高いものを選べば単品でもOKなど、乾燥肌に合った使い方ができるといいですね。