ハリと弾力の要?コラーゲンって結局ナニ?

f:id:hitokoburakuda2012:20151127112904j:plain

コラーゲンは、お肌のハリに重要だって聞くけど、結局のところ一体なんなんでしょう。ハリと弾力の要にもなるコラーゲンを、ちょっと調べてみました。


コラーゲンはそもそも、体中、いたるところに存在する、必要不可欠なタンパク質です。しかも、体全体のタンパク質のうち、コラーゲンは3分の1を占めているといいますから、肌だけじゃなく、体にとっても大切なものです。

肌に関して言えば、水分を除けば皮膚全体の70%を占め、真皮だけで言えば水分を抜くとは言え、90%も占めているほどコラーゲンは重要です。

皮膚の一番表側である表皮の下にある真皮は、コラーゲンが網の目状に張り巡らされ、その交差点をエスラチン、網目の間をヒアルロン酸で満たされています。

弾力のあるコラーゲンが、網目状に張り巡らされているからこそ、間に入っているヒアルロン酸が形を流れ出さずに、そこにとどまっている事ができ、肌を押したときにぷにぷにと弾力が生まれるのです。

ヒアルロン酸は保湿成分なので、このコラーゲンの網目が綺麗に並んでいて、ヒアルロン酸をがっちりと抱え込むことで、肌がたっぷりと水分を蓄えることができ、潤いのある肌を保てます。

そして、網目状に真皮いっぱいに張り巡らされているので、どこか一部の皮膚が凹むこともなく、肌は綺麗に張った状態を保っていて、シワもほとんどない状態です。

ちょうど、ベッドマットの中に、針金が網目状に均一に張り巡らされているから、上に乗っても弾力があって、沈み込まないのと一緒ですね。

このコラーゲンが不足してくると、網目が保てなくなり、ヒアルロン酸がぐずぐずに流れていってしまう上、肌を押したときのハリや弾力がなくなります。

もちろん、ヒアルロン酸がしっかりとコラーゲンの網の間にとどまることができなくなるので、水分保持ができず、肌もカサカサになります。カサカサになるので、シワや弾力不足に拍車をかけてしまいます。

ベッドマットの針金が所々抜けていると、乗った時に充分体が支えられず、体が沈み込んでしまうような感じです。

もちろん、水分保持は真皮の上の表皮でも行われていて、真皮だけが潤いの全てではありません。しかし、表皮の土台である真皮から水分が失われ、土台の形がグズグズになっていれば、上に乗っている表皮も形を変えて、シワシワになってしまいます。

このコラーゲンは、実は年齢と共に徐々に体の中で生成されなくなってきて、新陳代謝も悪くなってきて、40代を堺に急激に皮膚のコラーゲン量が減ってきてしまいます。

コラーゲンは通常、古くなったら古いコラーゲンは分解され、新しいコラーゲンに入れ替わります。しかし年齢を重ねて新陳代謝が悪くなってくると、新しいコラーゲンが作られないのに加え、分解されるだけ分解されたコラーゲンは代謝によって排出されることがなく、肌にとどまってしまいます。

すると、不要物が肌に留まって固まるので、肌に柔らかさが失われてしまい、肌の若々しさはますます低下してしまいます。

年齢を重ねてくると、急激にシワが増え、肌の弾力が失われ、ハリがなくなるのは、全てコラーゲン不足が招いたことだったんですね。

こんな風に、コラーゲンは肌にとって、多く含まれている成分というだけでなく、とっても大事な成分だったんですね。