シミとは違う?肝斑(かんぱん)ってなに?

f:id:hitokoburakuda2012:20151127124217j:plain

30代から急に、頬に現れるという「かんぱん(かんぱん)」、ご存じですか?

シミの一種なんですが、一般的なシミとはちょっと違うので予防方法も異なります。美白がうまくいかない場合は、肝斑かもしれません。肝斑について、ここで軽く知りましょう。

肝斑は、30代~40代の女性に多く出るシミの一種です。普通の紫外線の浴び過ぎで、メラニン色素が黒く変色してできるシミは、顔だけでなく体じゅうにできますが、肝斑は特定の場所にできることが多いです。

肝斑は両頬の頬骨あたりに、左右対称にポツポツと現れます。

一般的に言う「シミ」は、紫外線によって生まれたメラニン色素が変色したことが主なシミの原因ですが、肝斑はホルモンの変化によって出現すると言われています。

つまり、紫外線という外部的な要因ではなく、体の内部に原因があるシミなのです。

ただし、肝斑に紫外線が関係ないかと言えばそうではなく、出現するのはホルモンバランスの変化が原因ですが、薄く出てきた肝斑は紫外線を浴びることによって悪化し、より色を濃くします。

簡単にホルモンの変化と書きましたが、実はまだ肝斑の明確な原因は解明されていません。

妊娠時や、ピルの服用などの際に出ることもあるため、女性ホルモンが関係して、肝斑ができるのではないかと言われています。30~40代が主な発症者と書きましたが、50代になるとぐっと発症が減り、60代以降では逆に肝斑は薄くなる人さえいます。

また、妊娠などのホルモンバランス変化の他に、ストレスも強く肝斑に影響を与えていると言われています。

原因が女性ホルモンなので、肝斑は美白化粧水などで薄くすることはできても、なかなか消すことが難しいものです。効果の高い美白化粧水やレーザー治療を行っても、思うように改善しない場合は、肝斑の可能性が高いのです。

そして、なんと驚くべきことに、女性が悩むシミの約40%は肝斑だと言われているので、シミができ始めた女性にとって、肝斑の解消方法は、とても重要になります。

そんな肝斑の治療には、美白成分であるトラネキサム酸が効果的だと言われています。特に、トラネキサム酸を服用して治療するのが良いと言われています。

トラネキサム酸以外には、ビタミンCやアルブチンも効果的だと言われています。いずれも美白成分ですが、女性ホルモンのコントロールではなく、メラニン色素を作り出すこと自体を抑制することに主眼を置いています。

トラネキサム酸もアルブチンもビタミンCをも、メラニン色素を作り出すメラノサイトに働きかけて、シミの元になるメラニン色素自体を作り出すのを抑制することで、肝斑を改善していきます。

メラニン色素が紫外線だけの影響で作られるわけではないというのは驚きですが、メラニン色素の抑制をしてやることで、肝斑は改善できるので、安心ですね。

保険適用外にはなってしまいますが、肝斑の治療のためにトラネキサム酸の服薬の処方は可能なので、肝斑に悩む場合は一番効果のあるトラネキサム酸を試せると良いですね。

普通のシミとの違いを見極める事が重要になるので、できる場所、美白しても消えないのかどうかをきちんと確認して、シミ消しに取り組みましょう。