肌荒れする前に!肌に力をつけて冬をのり切ろう

f:id:hitokoburakuda2012:20151201125940j:plain

冬の辛い乾燥で、普段は乾燥肌じゃないのに肌がカサカサする…もしくは、冬にはいつも以上に乾燥して困る、という人は多いと思います。

冬の乾燥を防いで乗り切るには、その前の秋から準備が必要です。なぜ秋から対策が必要なのか、秋にどんなことをすればいいのかまとめますね。

秋は夏の暑さから開放され、冬に向けて寒くなってきてはいるものの、晴れの日が多く、過ごしやすいですね。そして、夏の日差しからも開放され、肌も落ち着いているように見えます。

しかし、残念ながら夏に受けた肌への紫外線ダメージは、落ち着いているかのように見えて、肌に蓄積し、ダメージはまだ残っているのです。

秋は落ち着いた気候の中で、少しずつ紫外線ダメージを癒やしていますが、秋はまだ紫外線量もそんなに落ちていない季節。紫外線ダメージを持ち越せば、冬の肌荒れに繋がります。

また、冬は乾燥の季節ですが、秋には既に冬に向けて乾燥が始まっています。この秋の時期に、しっかりと保湿をして乾燥対策をしておかないと、冬になって目に見えて判るくらいの肌の乾燥を招いてしまいます。

実は冬の乾燥肌や肌荒れは、秋から既に始まっているんですね。だからこそ、秋の準備が重要なのです。

冬を迎える前に、秋にすべきことは、夏に受けた紫外線ダメージを和らげ回復に集中するために秋の紫外線をカットしてやることと、冬の乾燥に備えて保湿し、乾燥に耐えられる保湿力の高い肌を作ることです。

保湿力の高い肌を作るには、ターンオーバーの正常化を図ることが一番です。

・正しい洗顔

・適切なスキンケア

・規則正しい生活

この3つが重要になります。

そして、スキンケアの際に、特に保湿を重点的に行なってやる事が必要になります。普段美容液を使わない人でも、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの特に保湿力の高い成分を取り入れて、保湿していきましょう。

基礎化粧品でセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸を使用しても、それが肌に浸透した時に固着して増えてくれる訳ではありませんが、乾燥しがちな肌に補ってやり、ダメージを受けにくい肌の状態にしてやることで、肌が正常なターンオーバーをしやすく、肌が健康で力をつけやすくなります。

肌が健康になれば、ヒアルロン酸などのスペシャルケアは少なくて済むようになるので、秋のうちに肌力をつけられるように、ケアしていきましょう。

また、前述のとおり、肌に蓄積されたダメージを回復する期間に当てるために、新たな紫外線のダメージを減らすため、紫外線対策もきちんと行います。

日焼け止めや、ビタミンC誘導剤での紫外線ダメージの軽減を図っていきましょう。

こういった肌力をつけるために、一番重要なポイントは、規則正しい生活の中でも、睡眠をきちんと確保することです。

人は寝ている時に、肌を整えるホルモンであるメラトニンや成長ホルモンがたくさん分泌されます。どんなにスキンケアをしても、体に肌を整える司令が降りなければ、なかなか肌は健康になりません。

睡眠不足になると、女性ホルモンのバランスが乱れて、余計な肌荒れを招くことすらあります。

冬に備えた秋の肌ケアは、睡眠をきちんととることを前提として、保湿と紫外線対策のスキンケアをきちんと行っていきましょう!