低刺激が基本!敏感肌さんの日焼け止めの選び方は?

f:id:hitokoburakuda2012:20151201130422j:plain

肌に極力何もつけたくない敏感肌さんでも、帽子やサングラスでの紫外線対策には限りがありますから、日焼け止めを使いたいですよね。

今回は、敏感肌さん向けの日焼け止めの選び方を紹介します。

日焼け止めの種類は、大きく分けて紫外線吸収剤と、紫外線散乱剤の2種類があります。

【紫外線吸収剤】

紫外線を吸収して、別エネルギーに変えて放射する。肌に対して刺激を与えやすい。

肌につける時に、伸びがよく白浮きしにくい。

【紫外線散乱剤】
紫外線を跳ね返して、紫外線をブロックする。

ノンケミカルなので低刺激。伸びが悪く、白浮きしやすい。

この2種類のうち、敏感肌の方に使用をお勧めするのが、紫外線散乱剤です。ノンケミカルなので、肌にトラブルが起きにくいという特徴があります。

ただし、伸びが悪く白浮きしやすく粉っぽいので、敏感肌の方の中でも乾燥肌の場合は、紫外線散乱剤がかえって刺激になってしまう場合もあります。

このため、紫外線散乱剤であっても、日焼け止めを選ぶ時は、パッチテストを行ってから購入するのが理想的です。

紫外線散乱剤を使用しているか、紫外線吸収剤を使用しているかどうかは、ぱっと見では分からない事が多いと思うので、成分名の例を挙げておきますね。

【紫外線吸収剤の成分名の例】
・メトキシケイヒ酸オクチル

・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル

・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

・オクチルトリアゾン

・パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

【紫外線散乱剤の成分名の例】
・酸化チタン

酸化亜鉛

紫外線散乱剤は種類が少ないですが、成分を確認するときの参考にしてくださいね。

また、日焼け止めの種類が紫外線散乱剤である他に、敏感肌の人が選びたい日焼け止めの理想的な条件は次の通りです。

【敏感肌の日焼け止めの理想的条件】
・無香料

・無着色

・アルコールフリー

・防腐剤フリー

・無鉱物油

・石油系界面活性剤フリー

香料や着色料などは全て、肌の刺激になりやすい添加物なので、できるだけ「フリー」「無添加」のものを選びます。

大人向けの日焼け止めは、あまり種類が多くありませんが、赤ちゃん向けの日焼け止めの場合は、かなり理想的条件を満たした物が多いですよ。

紫外線散乱剤を使用した理想的な日焼け止めは、種類が少なく探しづらいですが、低刺激をうたったものを選んで成分を確認すると、紫外線散乱剤を見つけやすいです。

最後に、敏感肌の方に限ったことではありませんが、日焼け止めを選ぶときに重要になる、SPFPAの値は、できるかぎり低い物を購入するように心がけてください。

どんなに強い日焼け止めを買っても、日焼け止めは数時間ごとに塗り直しが必ず必要になります。SPFPAは高ければ高いほど、刺激が強くなるので、塗り直しが必要な日焼け止めで受ける刺激は最低限にするべきでしょう。

だからこそ、SPFPAを最小限に抑えるために、シーンに合ったPASPFを選んでください。

日常の買い物や通勤程度の生活レベルであれば、SPF10~20、PA+程度で十分です。

敏感肌の方が日焼け止めを選ぶ時は、パッチテストをすること、紫外線散乱剤を選ぶこと、添加物フリー、SPFPAは最低限の物を選ぶことに注意してくださいね。