唇の色が暗い!赤くて明るい色にするための方法を探れ!

f:id:hitokoburakuda2012:20151224100201j:plain

唇の色、なんだか薄暗くてぱっとしないなあ、なんて思ったことありませんか?今回は唇の色が暗く黒ずむ理由と、明るくするための対処法をご紹介します。

ではまず、唇が黒ずんでしまう原因をチェックしましょう。基本的に、唇の黒ずみは、色素沈着によって起こっています。この色素沈着は、およそ次のような原因で起きます。

・過剰な摩擦

・紫外線

・メイク残り

・タバコ

唇は摩擦していないようでも、普段からよくこすっています。食事の時に口元を拭いたり、口紅を落とす時のクレンジング、歯磨きの際に口を閉じていると歯磨き粉の研磨剤で意外とこすれています。

紫外線は、唇に限らずメラノサイトに働きかけ、メラニン色素を作り出し、更にメラニン色素を黒化させて色素沈着を起こします。

クレンジングの際に、メイクが唇の縦じわに残っている、というのはよくある話ですが、これが色素沈着の元になることもあります。

また、口紅にはタールが配合されているものもありますが、タールはそれ自体が色素沈着を起こしてしまいます。

タバコは、タバコ自体に含まれるタールでの色素沈着を起こすだけでなく、ビタミンCを破壊する悪影響もあります。ビタミンCは紫外線が日焼けやシミを作るのを阻害する大切な栄養なので、ビタミンCが減ると、色素沈着が起こりやすくなります。

このように唇は色素沈着によって黒ずんでいるので、唇を明るくしたいという場合には、色素を薄くする、つまり美白してやれば良いのです。

唇の色を明るくしたい場合には具体的に、次のようなことをしましょう。

・摩擦を避ける

・紫外線対策を行なう

・クレンジングを適切に行なう

・タバコを吸わない

・タール不使用の口紅を使用する

・唇の美白を行なう

食事の際には、できるだけ口をこすらず、水で洗って水分をタオルで押しとるようにすることや、歯磨きの際には口を開いてできるだけ唇に当たらないように気をつけます。

また、口紅やリップを塗る際には横方向でなく、唇のシワに沿って縦方向につけると摩擦が和らぎます。合わせて、リップをつける前にはリップを少し温めて溶かしながらつけると、より摩擦を避けられます。

紫外線対策として、日焼け止めタイプのリップや口紅を利用するといいでしょう。また、唇の美白のために、ビタミンC配合のリップを使用するのも手です。

ただし、日焼け止めタイプのリップは、外出時以外はつけないように気をつけます。日焼け止めの成分は、肌にとって刺激を起こしやすい成分であり、皮膚の薄い唇にとっては刺激が強い部類の成分です。

紫外線からは守る必要がありますが、屋内・屋外で使い分けができるとなお良いでしょう。

クレンジングの際には、こすらないことと、しっかり落とすこと、利用するクレンジングは洗浄力が強すぎないものを選ぶことを心がけます。

唇の美白には、ビタミンCが良いでしょう。リップで補給しても良いですし、唇専用の美容液を使用しても良いです。

もしもこういった対処を行っていても、一向に唇の黒ずみが改善されないという場合には、通常の色素沈着でない問題が起きている場合があるので、皮膚科に相談してみてくださいね。

少し時間はかかりますが、唇の色を明るくすることはできるので、気長に取り組んでみてくださいね。