目のクマは血行不良だけが原因じゃない!原因と対策をチェック!

f:id:hitokoburakuda2012:20151224103723j:plain

目の下のクマは、寝不足のせい!…って決めつけていませんか?そもそも寝不足でクマができるのは、血行不良のせいなんですが、目の下のクマは血行不良だけが問題ではありません。

今回は、クマの原因別の対処法をチェックしましょう!

クマのタイプは原因別に大きく分けて、色味が茶、青、黒の3種類に別れます。

【茶クマ】
(状態と見分け方)
他に比べて茶色っぽいクマ。血行促進したり、角度を変えて見ても色が変わらなければ、この茶クマ。

(原因)
目元の乾燥、メイク残り、摩擦、日焼けなどによる色素沈着が、茶クマの原因になります。

(対処法)
色素沈着の解消方法は、美白に尽きます。

ビタミンC配合の化粧水、美容液を使ったり、目元にも使えるシミ消しクリームを部分的に使用するのも手です。

そして、新たな色素沈着を作らないように、紫外線対策をしっかりと行なう事が重要になります。

目元はこすっていないと思っていても、気づかないうちにこすっているものです。メイク落としの時や、目頭を抑える時などはよくこすっています。

特にメガネをかけている人は、メガネの隙間から目をこするので、ちょうどクマになる部分を擦りやすいので注意が必要です。

茶クマの人は、美白をしながら、摩擦、紫外線の対策を行っていきましょう。

【青クマ】
(状態と見分け方)
青っぽかったり、紫がかったようなクマ。角度を変えても色味は同じだけど、指で引っ張ったり、圧迫したりすると色が変わる場合は、この青クマ。

(原因)
よく言われる、血行不良が原因のクマです。運動不足、睡眠不足、鉄分などの栄養不足による貧血などが原因として挙げられます。

(対処法)
血流をよくすることが、一番の解決方法です。

ただし、目元のマッサージだけでは一時的な解決にしかならない上、強くやり過ぎると内出血を起こし、後の色素沈着を産む可能性があるので注意が必要です。

血流改善をするためには、原因の逆を行えば良いのです。

適度な運動を日頃から取り入れ、睡眠をしっかり取り、バランスの良い食生活で貧血を解消するという方法です。

運動の時間を取りづらいという人でも、仕事の合間のトイレ休憩などに、軽く1分程度ストレッチをする時間くらいならあるはずです。

簡単なストレッチでも充分、血行促進につながるので、取り入れてみてくださいね。

【黒クマ】
(状態と見分け方)
別名老けクマで、影のようの黒っぽいクマ。角度を変えると色味が変わって見え、光を当てるとややクマが薄く見えるのが黒クマ。

(原因)
目元のシワ、肌のたるみ、皮膚のへこみが原因となるクマです。また、目元のむくみが原因の場合もあります。

(対処法)
肌のたるみは、真皮のコラーゲン不足が原因の場合が多いので、コラーゲンを補充し、しっかりと保湿してハリを取り戻してやることが重要です。

むくみが原因の場合は、目元のリンパを流すマッサージを優しく行い、むくみを解消します。

たるんだ皮膚は、筋肉によってつっぱらせることができるので、表情筋を鍛えて、たるみを解消するのも有効です。

原因別に解消法が違いますので、しっかり寝てるのにずっとクマが取れない!という方は、一度どのタイプのクマか判別して、対処してみてくださいね。