すり鉢毛穴に効果あり!?グリシルグリシンって何?

f:id:hitokoburakuda2012:20160104141707j:plain

大きな角栓が詰まってる、憎らしい大きな毛穴。乾燥で皮脂が出すぎてて毛穴が広がってると思いますか?

すり鉢の形に広がった大きな毛穴は、皮脂のせいではなく、周りの角質のせいでその形になっている場合が多いです。

今回はすり鉢状毛穴の原因と、改善に役立つ「グリシルグリシン」という成分について解説します。

毛穴がすり鉢状に広がった毛穴は、実は毛穴自体が大きくなっているのではなくて、毛穴の周りの角質が異常に分裂して角質層が厚くなっているために、すり鉢の形に広がっているものです。

角質が異常増殖している原因としては、2個挙げられます。

・皮脂による毛穴周りの炎症

・炎症によるターンオーバーの異常

皮脂の中には、不飽和脂肪酸という油分も含まれているのですが、これが空気に触れて酸化し、分泌した毛穴の周りについたままになると、酸化した不飽和脂肪酸が刺激になり、炎症を起こします。

具体的には、酸化した不飽和脂肪酸が細胞のイオンバランスを崩すために、炎症が起こります。

炎症を起こした部分を守るために、角質が厚くなってしまいます。

また、炎症を起こしてしまうと、ターンオーバーが異常をきたし、バリア機能が万全でない未熟な角質の増加を招き、毛穴周りの角質増加に拍車をかけます。

結果として、すり鉢状毛穴ができるわけです。

すり鉢状毛穴を解消してやるには、この角質の異常増殖を解消してやれば良い、という話なのですが、どうやったらいいのかが問題ですよね。

簡単に言えば、ターンオーバーを正常化すれば、角質の異常増殖は解消されるのですが、ターンオーバーを正常化するのに役立つのが、今回の主役の「グリシルグリシン」です。

グリシルグリシンは、不飽和脂肪酸が崩すイオンバランスを整えることで、炎症を抑えることができるとともに、イオンバランスの調整によって保湿作用をもたらし、毛穴を閉じやすくします。

また、抗炎症作用によって、ターンオーバーを正常化できるように導いていきます。

皮膚科でも毛穴を小さくする作用が高いとのことで、注目されている成分です。

ちなみにこのグリシルグリシンという成分ですが、アミノ酸グリシンが2つくっついてできた成分で、分子量は比較的大きい成分になります。

このため、そのままでは肌にはなかなか浸透しにくい成分になり、皮膚科やエステサロンなどでは超音波導入機やイオン導入器で肌に浸透させるのが一般的です。

肌から入りにくいなら、食べればいいのかと言えばそうでもありません。

グリシルグリシンは、経口摂取するとアミノ酸であるグリシンになって吸収され、なかなか肌まで届きません。

このため、肌からイオン導入や超音波導入で直接気になる部分に入れていく他ないのです。

家庭用のイオン導入器は、やや高価ですが、目立つすり鉢毛穴を治すのにはとても良いです。

ただし注意が必要なのは、皮脂過多ですり鉢毛穴になった人には効果てきめんなのですが、皮脂の分泌量が少ない人に関しては、効果が出にくいというデータもあるということです。

すり鉢毛穴には何をおいてもグリシルグリシン!と思い込まず、肌状況を見て、脂性肌、または脂性乾燥肌の方はグリシルグリシンを試してみてくださいね。