何でもかんでも「ビタミンC」!美肌の味方を良く知ろう!

f:id:hitokoburakuda2012:20160107125421j:plain

美白化粧水と言えば、ビタミンC導入剤が有名ですよね。ビタミンCは美白だけじゃなく、美肌にとって欠かせない栄養素の一つです。

今回はビタミンCの効果・特徴について、詳しく知りましょう。

ビタミンCの効果は次の通りです。

【シミの予防・改善】
抗酸化作用、抗活性酸素作用があります。紫外線による活性酸素の活動によってできたメラニン色素を還元し、既にあるシミを徐々に薄くしたり、将来のシミ予防ができます。

【ニキビの予防・改善】
皮脂をコントロールして、抑制する効果があるため、ニキビの予防に役立ちます。また、炎症を抑える効果があるため、既にできたニキビを悪化させず、改善させる効果があります。

【シワの予防・改善】
真皮のコラーゲン産生を促進する効果があり、シワの予防とシワの軽減ができます。

【毛穴を閉じる】
皮脂コントロール効果により、毛穴が開きにくくします。また、セラミド合成を促進し、角質に潤いをキープしやすくすることによってキメを整え、毛穴を目立ちにくくする効果があります。

これらの美肌効果を得るために、効率的なビタミンCの摂取方法は、肌に塗ることです。

というのも、ビタミンCは1日80mg必要ですが、体に貯蓄することのできない栄養なので、経口摂取…つまり飲んだり食べたりの方法で一度にたくさん摂取してもすぐに尿と一緒に体外に排出されてしまいます。

しかも、ビタミンCの体への吸収率はとても低い上、吸収されたビタミンCは肌よりも先に、各臓器で吸収・利用されているのでなかなか肌にビタミンCは到達できません。

もしも経口摂取で肌にビタミンCを届かせたいのであれば、1日に複数回に分けて、ビタミンCを何度も摂取する必要があります。

そして、ビタミンCは肌以外でも抗酸化作用を発揮するため、肌に受けた紫外線以外にも、たばこ、ストレス、睡眠不足、肥満、急激な激しい運動など、さまざまな要因で活性酸素が発生すると、それを除去するために大量のビタミンCを消費します。

この吸収されにくいこと、肌に到達する前に臓器などで大量に消費されることから、経口摂取では肌にビタミンCはなかなか到達しません。

このためにビタミンCは、経口摂取よりも肌に直接塗布することが効率的なのです。

もちろん、経口摂取も総て無駄という訳ではありませんから、サプリやビタミンCを含む食材を、1日のうちに何度かに分けてこまめにとるように心がけることと、できるだけ活性酸素の発生しにくい状態を維持することが推奨されます。

では、ビタミンCを肌に直接塗る時は何でもいいのかと言えば、そうではありません。

食品などに含まれるビタミンCそのものは、大抵分子量が大きくて、肌に直接塗ってもビタミンCは肌の奥までは浸透していきません。

その上、ビタミンCは空気に触れると非常に酸化しやすい物質なので、美肌作用を与えるどころか、肌表面に留まったままだと、酸化によって肌に刺激を与えかねません。

そこで肌に塗る際に使用するのが、「ビタミンC酸化誘導体」です。

化粧水や美容液に配合される成分は「ビタミンC」ではなく、「ビタミンC誘導体」が望ましいです。ビタミンC誘導体は肌に浸透することができて、肌に浸透した後にビタミンCとして働くことのできる成分だからです。

肌に浸透してから初めてビタミンCとなるので、浸透しなかった分が肌表面に留まっても、酸化しにくくなります。

美白、シワ・シミ予防、ニキビ改善、毛穴閉じなど、優れた美肌効果を得るために、ビタミンC誘導体の塗布、1日中のこまめなビタミンCの経口摂取を心がけられるといいですね。