絶対に安全とは限らない!?「無添加」の意味を知ろう

f:id:hitokoburakuda2012:20160108124439j:plain

世の中、肌に優しくするためにオーガニックだとか無添加だとかって化粧品がたくさん出ていますが、「無添加」の意味をちゃんと知っている人ってそんなに多くないんじゃないでしょうか?

「無添加」は無添加でも、何が無添加で、何が入っているのかによって、肌に優しいのかどうかも違ってきます。よく書かれている、無添加の意味を知りましょう。

一般的に無添加の表示が多い成分と、その役割、特徴は次の通りです。

・香料…香り付けに使われる成分。成分名は「香料」と書かれることが多く、具体的に何を使われているのかは不明な場合が多い。肌には高刺激。なくても問題はない。

・アルコール…化粧品の添加物を水に溶けやすくすると共に、揮発性から肌なじみをよくするための成分。特にエタノールは、塗った後に水分蒸発を招き、乾燥肌になりやすい。

・合成着色料…見た目を良くするためのもの。発がん性があるものもあり、高刺激。なくても問題はない。

・防腐剤…雑菌の繁殖を抑える成分。肌の常在菌の繁殖も抑えるため、肌環境が整いにくくなることもある。

・鉱物油…肌に膜を作る油分。石油を原料としたオイルで、精製度が高く、肌に浸透しない。不純物が少ないので刺激は低い。


ざっと見ていただいて、どうでしょうか。一部、実は無添加であることに関して、注意が必要な物があります。

香料や合成着色料は、無添加で全く問題ありません。

しかし、防腐剤が無添加であることは、使い方に注意が必要になります。

防腐剤は、肌に塗った時に肌を守ってくれている常在菌の繁殖も邪魔してしまうので、肌にとっては刺激になります。だから敏感肌の人には、防腐剤は確かに良くないでしょう。

しかし、防腐剤は化粧水の雑菌繁殖を防ぐために存在しています。このため、防腐剤が入っていない化粧品は、開封後、すぐに腐ったり、雑菌だらけになってしまいます。

この雑菌の刺激は、敏感肌の方にとって、防腐剤の刺激にまさる刺激になりえます。

冷蔵庫で保管しても、一週間が限度でしょう。

このため防腐剤無添加の化粧品は、少量が小分けになったものしか使えない、ということになってしまいます。実際はそういった商品はまれなので、防腐剤無添加の化粧品は危ない、ということになります。

また、鉱物油無添加については、これは配合されていてもいなくても問題ないものです。昔に比べて精製の技術が上がり、鉱物油は不純物の多い植物性天然オイルに比べて刺激が低いものになっています。

鉱物油は石油原料なので健康に悪いイメージですが、問題ないことを覚えておきましょう。

最後に注意が必要なのは、キャリーオーバー成分です。化粧品の配合成分を作る時に使われた成分が、一部成分の中に残っている場合には、化粧品の成分には表示されていません。

例えば、アルコール無添加の化粧水でも、他の配合成分を抽出する時にアルコールを使っていて、そのアルコールが残っていても、化粧品にはアルコールの名前は書かれず、「アルコール無添加」として売りだされてしまいます。

このため、「無添加」と書かれていても微量に化粧品の中に無添加とされている成分が入っている場合もあり、必ずしも無添加が安全だとは言えないのです。

ただし、キャリーオーバー成分については、個人で配合成分を調べることは難しいので、使ってみないとわかりません。

無添加という言葉を信じすぎず、化粧品を使う時には、肌に合うかどうかのパッチテストをきちんと行ってから導入してくださいね。