化粧品メーカーのウソ?スキンケア商品は肌にいらないものなの?

f:id:hitokoburakuda2012:20160114133806j:plain

化粧品コーナーを見ると、実にたくさんのスキンケア商品が並んでいますね。

肌に水分を与える目的のものや、ビタミンCやヒアルロン酸セラミドを与えるもの、シミ消しのための美容液やシワ取りの美容液、美容パックに洗顔料、種類を数え始めると枚挙にいとまがありません。

実はこういった化粧品の数々について、本当は肌にはいらないもので、様々な成分が入った、たくさんの化粧品を使うと良いというのは、化粧品メーカーの嘘だという意見もあります。

スキンケア商品がいらないものであるか、ということについて今回は考えてみましょう。

実は、「化粧品」に含まれている成分はすべて、真皮までしか届かず、表皮の一番外側の角質層までしか浸透しません。

角質層よりも奥に浸透する成分が配合されているものは、化粧品ではなく「医薬部外品」となります。これは薬事法で定められていることで、もしも「化粧品」の成分が角質層よりも奥に浸透してしまったら、それは薬事法違反の商品です。

このため、例えば「真皮に届いて繊維芽細胞に働きかけてコラーゲンの算出を増やします!」といったうたい文句の「化粧品」は、嘘をついているということになります。

こういう嘘がある商品を除外しても、スキンケア商品は肌にとっていらないものなのか、という疑問ですが、先に結論を言えば、必要な場合もあるし、不要な場合もあると言えるでしょう。

ある研究では、美容液や化粧水を多用した念入りなスキンケアを行っている人ほど、肌環境が悪く、化粧嫌いでスキンケアもほとんどしないという方に限って肌環境が良い人が多い、というデータがあるそうです。

様々な美容成分が含まれているにも関わらず、美容成分は角質層より奥に浸透することはなく、かつ、ケア用品が増えれば増えるほど肌に負担のかかる添加物の量は増え、そして肌に塗るものが多くなればなるほど、摩擦の刺激が増えるという寸法です。

これでは、肌が良くなるどころか、念入りケアのせいで肌が荒れるのもうなずける話です。

人間の肌は、細胞と細胞の間に、油分と水分を抱き込むことによって膜を作り、外界からの刺激から守るバリアとしています。

綺麗な肌を作るには、このバリアをできるだけ壊さず、油分と水分が逃げないようにしてやるということです。

それに必要なのは、摩擦を与えないことと、洗顔時に油分を落としすぎないということです。あえて手を加えてケアすべきなのは、簡易な保湿だけなんですね。

それには、洗いすぎない洗顔の後の、保湿クリームだけで十分なんです。

でも、考えてもみてください。

どんなスキンケアをやろうが、肌は年齢とともに衰えます。肌本来のバリア機能も、年齢とともに回復力が低くなってきます。

回復力が下がってしまったときに、アンチエイジングとして、肌の力を補ってやる成分というのは、必要になりませんか?

もちろん、真皮まで到達する成分を含んだ化粧品はありませんから、真皮に働きかけるのが目的であれば、医薬部外品を使用する必要があり、化粧品が必ずしも必要とはいえません。

ですが、肌には化粧品はいらないということと、肌に美容成分が必要であるということは、矛盾しないのではないでしょうか。

あたかも化粧品だけで肌が元気になるという化粧品メーカーのうたい文句はもしかしたら嘘なのかもしれませんが、医薬部外品を含むスキンケア商品がすべていらない、というのは真実ではないでしょう。