当たり前?個人差がある肌には十人十色のケアをしよう!

f:id:hitokoburakuda2012:20160114133915j:plain

美しい肌にするためには、様々な美容法が存在しますね。たくさんの美容成分を使った化粧品を使う方がいいとか、蒸しタオルだとか、温冷ケア、はたまた化粧品は一切使わない方がいい、などなど。

このブログでも、様々な方法を紹介したと思います。

でも実は、スキンケアの方法に「たった一つだけの正しい方法」というのは存在しません。というのも、当たり前かもしれませんが、人の肌には個人差があり、それぞれの美容法が合ったり、合わなかったりするからです。

敏感肌の人にはアルコールや、防腐剤がだめだと言いますが、防腐剤が入っていなければ化粧品は腐りやすく、トラブルの元になったります。

防腐剤が入っていると、顔の常在菌の繁殖を抑えるので防腐剤なしがいい、と言えば、皮脂が多すぎて常在菌が多すぎる人には逆に防腐剤が必要になってくるでしょう。

はたまた、添加物だらけの化粧品は肌にとって刺激でしかなく、肌の自己治癒力を阻害するので良くない、という意見もありますが、事実として年齢肌を改善してくれる栄養成分も存在します。

化粧品の刺激によってもたらされるトラブルよりも、美容成分によってもたらされる美容効果の方が高いことだってあるんです。

逆に若い人で、治癒力・回復力がしっかりとしている人なら、わざわざ美容成分など補ってやらなくとも、自身の体内から補給できるので、添加物満載の刺激が強い美容液は邪魔にしかならないという場合もあります。

例えば、このブログでは全体的にピーリングは角質を傷つけるだけなので、できるだけ使用しないほうがいいという立場で解説していますが、絶対に使ってはいけない、というわけでもありません。

若い人であれば、28日間のターンオーバーによって自然と古い角質は排出されていきますが、年齢を重ねていくとターンオーバーの周期も40日以上、長いと100日以上の長い期間となり、徐々に古い角質の排出自体もうまくできないようになってきます。

そうすると、ターンオーバーで角質を整え、キメを整えようとしても、古い角質が邪魔をしてなかなか肌が整わないという事態に陥ります。

こういった場合には、一時的にピーリングで古い角質を除去して、ターンオーバーの役割の一部を補ってやる必要もあります。

こんな風に、年齢や、肌質、肌トラブルの種類によって、行なうべき正しいスキンケアというのは異なってきます。

そして注意しないといけないのが、人の肌は同じ人でも少しずつ変化していくので、同じ人でもずっと同じスキンケア方法が使える訳ではないということです。

油分がとても多い保湿クリームが肌に合っていた人が、長期間使っていたらトラブルが出るようになってしまった、という人もいますが、それは長期間の使用によるトラブルの可能性もありますが、肌質自体が変わってしまったので、スキンケア方法が合わなくなったと考えるのが自然です。

もちろん、ターンオーバーの周期よりも早くトラブルが出始めたら、肌に合わなかったのだと判断できますが、基本的にずっと同じスキンケアはできないんだ、ということを覚えておいてください。

本当に当たり前の話ですが、有名なスキンケア方法でほとんどの人に合うスキンケア方法でも、全ての人に合うスキンケア方法というのは存在しません。

とても面倒ですが、様々なスキンケア方法の中から自分に合ったスキンケアを探して、肌をケアしていきましょう。